新人看護師がうつ病になってしまいました。

私は看護師の仕事を始めて10年になります。去年、私の働いている職場に新人看護師が入ってきました。その中の一人の新人教育を私がする事になりました。私が担当する事になった子は、仕事に対して真面目で一生懸命でした。覚えて欲しい事がたくさんあり、一緒に仕事をしながら自分の知識や経験などを話していきました。

入院している患者さんのお世話や、夜勤の勤務も出来るだけ一緒に行いました。仕事が大変そうで時々疲れたような顔をしていましたが、何とか毎日頑張ってくれていました。人の命に関わる仕事なので、厳しいことも言いました。少しずつですが仕事を覚えてくれて、大変だけど教育係りになって良かったと思っていました。

しかし少しずつ彼女の様子がおかしくなりました。落ち込むことが多くなったり、元気がない日が続いたりしました。声をかけても大丈夫と言うだけでした。心配になったので病院に行くように言いました。そして病院の先生から、軽いうつ病だと言われたそうです。新しい職場に慣れきれず、頑張り過ぎた事が原因らしいです。今は仕事を休み、病気の治療をしています。

最近の新人看護師のあるある情報

看護師の資格を取って就職したときに、誰でも通る道が新人看護師の立場です。以前は看護師は卒業したらすぐに、看護業務をこなせるようにという考え方から、理論や化学的根拠等の座学よりも手技の習得に重きを置く傾向にありました。これは、いわゆる看護学校というものが「看護師養成所」という位置づけの専門学校であったり、准看護師が「働きながら取得する資格」という側面を持っていたためです。

しかし、医療の高度化に伴い看護師の医療知識・理論・科学的根拠・分析能力などが求められるようになりました。このことから「看護師養成所」から「大学での看護学教育」が重視されるようになり、このため卒業時に手技を完全に習得しているということが減り、臨床での習得が求められるようになりました。ですから、病棟に就職した新人看護師のあるあるとして、以前は数カ月もすると夜勤に入ったものですが、最近では夜勤に入れるようになるまで一年ほどかかることもあるといいます。

中堅看護師の役割について

私生活をする際においては就職をして、お金を稼ぐのが一般的です。最近では、高齢化が進んでいますので、看護師の需要が増えています。看護師を募集している医療機関は多種多様に存在していますが、給料などの待遇面が異なるので、それぞれを比較し検討を重ねた上で、応募をすることが重要となっています。面接に応募をして、それに合格をすることで看護師として働く事が可能です。

面接の際においては、髪型や服装に配慮をする必要があります。そうすることで、面接に合格する可能性が比較的高くなります。看護師として働きはじめて、経験を積みますと、中堅看護師の位置となるのが一般的です。中堅看護師の役割の一つとして、後輩の指導が挙げられます。中堅看護師は、率先して部下の面倒をみることが求められ、そうすることで、信頼を集めることが可能となっています。信頼があることで、仕事もしやすくなります。また、部下の面倒をみることで、上司からの評価も上がります。

看護師の転職と志望動機

看護師として転職を希望している人が増加しています。
看護師は非常に転職がしやすい職業のひとつとしてよく知られているものの、中途採用試験の際の面接ではしっかりと志望動機をアピールすることが求められています。看護師の離職理由としては職場の人間関係や研修体制などの不備などがありますが、特に志望動機が整っていないと採用担当者の心証を悪くしてしまいます。

そこで、ハローワークや看護協会などに積極的に訪れて、職務経歴書や履歴書の書き方についてのアドバイスを受けておくことが重要です。このような場所では看護師としての就業を応援してくれるために転職活動に向けてモチベーションを高めることもできます。看護師は慢性的に人材不足となっている状況にあるものの、各医療機関や福祉施設などでは即戦力となる人材を求めている傾向がみられます。そのため、志望動機とスキルをアピールできるかが転職活動を成功させるポイントとなってきます。

また、人間関係が原因で転職した場合でも、言い方1つでプラスにもマイナスにも受け取られます。人間関係は他人と一緒に働く以上、どこまでもついてくる問題です。人間関係が転職理由の方は、下記ページを参考に一度、「人間関係」というものについて深く考えてみてください。
http://xn--u9jxfxa1j197njkbzx5csd8bmozbsevzea.com/

サブコンテンツ

このページの先頭へ